職業柄お酒のことを書く事がメインになりそうですが色んな豆知識&雑学を取り上げようと思っています。

趣味のお酒が仕事に。

僕は若い時、ワインのソムリエの資格を取ろうと考えたときがありました。
それぐらいずっとお酒が好きでワインだけでなく幅広くお酒というものに興味がありました。

 

今、仕事お酒の物流に関連していて、これまでたくさんのお酒に触れてきたため雑学〜ウンチクなど様々な人と出会い豆知識蓄えてきたつもりです。

 

まずは、一言にお酒と言っても、種類は様々。
地球上の各大陸、地方によっても様々なお酒の歴史と分化があり、厳密に上げたらキリがないぐらいの種類があるでしょう。

 

世界中、国によって愛されているお酒も違えば人種も違う。
お酒は僕にとってお酒→仕事→人との繋がり→新たな出会いと考えています。

知名度の高いお酒

マーク世界中で愛され続けているビール。

 

マーク日本の九州地方を中心に穀物から製造され日本人に古くから愛され続けている焼酎。
マークフルーツや柑橘類を原料としたリキュール酒を使ったカクテル。
マーク生産国フランスと言えば、ぶどうが原産の世界中で愛されるお酒、ワイン。
マークお米を原料として古くから日本人に愛されてきた地酒、日本酒。
マークフランスのシャンパーニュ地方でできる発泡性のワイン、シャンパン。
マーク大麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を蒸留して熟成させて作るイギリスに古くから伝わるお酒、ウイスキー。
マーク果実酒からつくった蒸留酒、ブランデー。
マークトウモロコシを原料とし、蒸留して作るアメリカのお酒、バーボン。

 

他にもまだまだたくさんの地方原産の地酒の種類があるでしょう。

 

僕が個人的に好きなお酒は焼酎です。

 

さらに中でも特に好きなのは、赤霧島。

 

赤霧島は1年に2回(3月と10月)しか生産出荷されません。
理由は原料となる紫芋の収穫量が少ないためと伺いました。
僕は職業柄、入手しやすく毎晩晩酌のお供として飲んでいるつきあいの長い友。

 

ちなみに一般的に赤霧島をスーパーなどで見かけることはあまり少ないかと思います。
どこで手にはいりやすいかと言うと大手百貨店などのお酒コーナーであったり、大型のお酒専門量販店など限られるのではないでしょうか。

 

そんな限定商品の割には、価格が高いわけではなく、ごくごく一般的で消費者にとっては安くて美味しい希少なお酒。

 

※価格帯はこのぐらいです。ご参考に。
1800ml/2,342円
900ml/1,234円

 

知人も赤霧島が欲しくて探していても近所には置いてあるところが少ないし、大型量販店でも「売れきれ」など、なかなか巡り合えないと嘆いていました。

 

最近ではインターネットの通販などで購入できるルートもあるようなのですが、アナログ人間の僕にはあまりそちらの知識はありませんので見かけたら店舗購入が日常です。

 

先日とある友人から、おもしろい話を聞きました。

 

「父の日とか母の日とか、記念日のプレゼントで、名前入りとかでラベル貼って贈る酒がある」という内容でした。

 

(・・・お酒に名前??)

 

ピンとこなかったんですが、あれこれ調べていると、確かにラベルをオリジナルで貼ってもらって、ギフトにすることができるサービスが確かに存在しました。

 

面白いサプライズプレゼントにも使える名前入りのお酒≫

 

シャンパンや焼酎、日本酒などある程度選ぶことができるみたいだけど、こちらから酒種の指定はワガママは利かないみたいですが、
たしかにこんなことができたら新しいというか、面白いかもしれないですね。

 

今度機会があったら試してみようと思います。

 

というわけで、僕は職業柄、他にも希少なお酒と知っているが故、店舗で偶然見かけると購入してしまうような、
レアなお酒はまだまだたくさんあります。

 

若輩者ではございますが、お酒を通じて情報交換の場ができればと考えていますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

僕の書きつづった知識以外にもオススメのお酒や飲み方などがありましたらご教授いただければ幸いです。