珍しい芋焼酎「昆布焼酎黄金譚」「じゃが芋焼酎伍升譚」

道産子に愛され続ける焼酎/黄金譚・伍升譚

 

先に紹介した人気焼酎の「鍛高譚」。

 

作っている酒造メーカーさんオエノングループの合同酒精から発売されている商品で、「昆布焼酎黄金譚」というお酒を紹介します。

 

「昆布焼酎黄金譚」=こんがねたん と読むのだそうですが、「たん」と入っているので勘が良い人は鍛高譚と似てる名称に気づくでしょう。

 

ネーミングが面白くて、由来は北海道の民話からきているそうです。
古くから北海道地方では、昆布を干している季節、夕日を浴びた昆布が黄金色に輝く光景から昆布を黄金草とよぶようになり、このお酒にこんがねたんと付けたのだそうです。

 

味わいは昆布の香りがしっかりと利いていて、以外にもさっぱり。
やはり日本食などと一緒に晩酌するのが最高のマッチングだと思いますけど、これだけでも一杯飲みたくなる大人の味。

 

少し特徴的な味ですので好き嫌いはあるかもしれませんが、焼酎好きの方はハマる品の良いお酒です。

 

 

芋焼酎伍升譚

 

 

そしてもう1種がこちら。
じゃが芋焼酎伍升譚。
伍升譚=ごしょたんと読むのだそうです。

 

原材料は北海道のじゃが芋を使用しているというユニークで珍しい焼酎です。

 

味わいは芋の甘さや香りが際立って、飲んだ後は近いお酒で言うと芋焼酎。
芋で作っているんだから・・・ということにもなりますが、少し想像しやすい種で例えるならと言ったところでしょうか。

 

 

伍升譚

 

 

やはり原材料が北海道、道産子酒、といったところなので、北海道の地域物産として有名な2種のお酒ですが、
本土だとなかなか巡り合えない幻の焼酎。

 

以前、北海道へ出張があった際、社内や友人に土産として買ってきた思い出がありますが、かれこれ数年経つのに、未だに思い出すほど、恋しいお酒です。

 

一度だけ知人の創作料理屋で、珍しい焼酎があるということで出された焼酎が、伍升譚で、記憶が舞い戻り、
この話題で盛り上がった事を覚えています。

関連ページ

ワイン/ロマネコンティ
ワイン/ロマネコンティを語るページ
スパークリングワイン(シャンパン)
スパークリングワイン(シャンパン)のページ
ワイン/ヴーヴ・クリコ イエロー・ラベル・ブリュット
ワイン/ヴーヴ・クリコ イエロー・ラベル・ブリュットを紹介したページ
ジャパニーズ・ウイスキー
ジャパニーズ・ウイスキーのページです。
高清水
高清水について
復刻の銘酒「オールドウォッカスタルカ」
「男が女を愛する時」という1994年の映画とウォッカの銘酒をご紹介