お酒とダイエット。痩せる痩せないのお話

アルコールはダイエットの天敵?中高年の皆さんはぜひ知っておきましょう。

「お酒を飲んでいる人は太る。」
「お酒は太らないがツマミが太る」

 

いろーんな噂を耳にしますよね。

 

これ実際のところどっちが真実?なんでしょうね。

 

これを考えるために、まず肝臓の働きについてちょっとスタディです。

 

お酒を分解してくれる大事な臓器の「肝臓」には、3つの働きがあります。

 

●代謝機能
胃や腸で分解された食べ物・飲み物を他の栄養素に変換する

 

●解毒・排出機能
人体に有害な成分を分解、処理して十二指腸へ排出する(アルコールもそうです)

 

●貯蔵
エネルギーを貯蓄できる

 

お酒って実は、体内に摂取されると肝臓が有害と判断して解毒しようとするって知ってましたか?

 

間違ってというか、誤認識しているわけではないんですが・・・

 

アルコールを分解するってよく言いますが、解毒しようとしているらしいんです。

 

このときにできる物質がたまーに耳にする言葉「アセトアルデヒド」
この「アセトアルデヒド」を二酸化炭素と水に分解して排出します。

 

糖質は、余分なカロリーが皮下脂肪になりアルコールは汗や尿になります。
脂肪にはならないそうです。

 

ですが、肝臓は解毒作業と排出を優先するため他の作業は停止。
これがまずいんですね。

 

特にグリコーゲン(人体に貯蔵される多糖)を肝臓する働きが停止してしまうと、このグリコーゲンは中性脂肪と姿を変え人体に蓄積されていきます。

 

これが中性脂肪の正体です。

 

もちろん摂取する量や食事の栄養素とのバランスは関係ありますが、基本的にはお酒が太るんじゃなくて、「太る体質を作ってしまう」という言い方が正しいんでしょうか。

 

中年になると特にこういったことに気をつけなければ。
すぐに肥満体質になってしまいますからね。。

 

関連記事:
・痩身ラボ ダイエットモニター │ 金澤敏明さん(41歳)
痩身ダイエットに挑戦されている30代〜50代の金澤敏明さん、富田良平さん、中村典弘さん

 

・ダイエット中に抜け毛が増えたら?
間違ったダイエットの方法は薄毛の原因になる?

関連ページ

朝の一杯にハーブティーorグリーンスムージーを。
出勤前に飲んでいる健康ドリンクについて書いたブログです。
最近流行っているルイボスティーを調べてみました
ルイボスティーはどのような成分を含有するか、どのような効能があるか、調べてみました。