中華料理店のマスターが薦めてくれた年代ものの紹興酒にハマるの巻

見事、紹興酒にハマってしまった近頃の僕

 

最近めっきり、中国の伝統のお酒である紹興酒にハマってしまいました。

 

・・というのも行き着けの中華料理屋さんの店主や常連さんと語らううちに薦められ、そのまろやかで口ざわりの良い味わいと独特の奥深い香りに魅了されたというのが本音。

 

しかも中華料理店のマスターが出してくれた18年ものの紹興酒がウマイのなんのって。。

 

店ではボトル2千円だって言っていたけれど、個人的にも欲しくなってまずネットで調べてみたら以外と安くて1250円。

 

会社の卸業者さんに聞いてみたらやっぱり同じくらいで業者価格1000円以下でした。

 

中国人って幸せだなぁ。

 

日本には寿司や和食の良さがあるけれど、自分は四川料理がこの世の料理の中で一番好きなもんで、しかも嗜みながら飲むこの紹興酒のマッチが至福の扉を開けてくれますよホント。

 

美味しくて幸せなとき中国人ならきっとこう叫ぶのかな

 

「幸福的絶頂!」と。

 

いつか本場の四川でも中華料理三昧の旅行楽しみたいな。

 

っていうか早く国交正常化してくれ〜ぃ。

関連ページ

ワールドカップ開幕でアルコール業界は?
6/13〜開幕となるワールドカップとアルコール業界のつながりと経済効果について
今夏、プライベートで宮古島旅行が決まりました。
僕が7年前に体験させられた宮古島に伝わるお酒の呑み方に関するある風習のことを記載しました。
幸せな日曜日。朝から将棋番組見ながら一杯やりました
僕の大好きな将棋について、日曜日の過ごし方など